GALLERY          ESSAYS          EVENTS          MAIL          CONTACT


EUAN CRAIG
Resume

1964  Born in Melbourne, Australia
1978   Began potting in Bendigo, Australia
1981   Graduated BendigoTAFECollege, T.O.P. Art and Design
1984   Winner of the Kamel Kilns Ceramics Award

1985   Graduated LatrobeUniversity, Bendigo, BA Arts, Ceramic Design
        Established Studio Pottery in
Swan Hill, Australia 
1990  Moved to
Japan
1991  Apprenticed to Tatsuzo Shimaoka,
Mashiko, Japan
1994  Established independent Pottery and Wood fired kiln, Mashiko
2000  Moved kiln and studio to
Ichikai, Tochigi, Japan
2011  Moved studio to Minakami, Gunma, Japan

Euan has held numerous solo and group exhibitions, taught workshops and
summer schools and presented at art conferences and forums in
Japan,
Australia and the United Kingdom. He has also written several articles for
ceramics magazines in
Australia, the United States and Europe..




Concerning the New Works Exhibition of Euan Craig

Thirteen years have passed since Euan studied under me. I have always been impressed
by the devoted bearing with which he tackles his work, and since becoming
independent andestablishing his own kiln he has developed a variety of innovations,
currently concentrating on creating wood fired
porcelaineous stoneware with
natural ash glazing. The brightness of his fired finish and above all his concentration
on ceramics for food, his stance in pursuit of the beauty of function
which is useful to people in their everyday lives is superb.

Tatsuzou Shimaoka
Japanese National Living Treasure

 

 

 

 

 

 

Welcome to my Home.
I hope you enjoy Euan Craig Gallery.



The Art of Function, The Function of Art

================================================================================================ 

・For our day to day activities check out our Blogs 

   Euan The Potter

   A Potter's Life


・私たちの日々の制作や生活を書いたブログもありますので、よろしければご覧下さい
   ユアン・クレイグ的 陶芸生活

     EUAN CRAIG GALLERY

     ユアン クレイグ ギャラリー

     GALLERY          ESSAYS          EVENTS          MAIL          CONTACT
Recent works

Recent works

Update 2014.9.10                                                               日本語は下方にあります。

     

2014.9.10

Update

  

  

Euan Craig, The Potter in Japan


.

ようこそ、ユアン クレイグのホームページへ。

  

陶芸を始めて30年余、

オーストラリアから日本に来て25年

「用の美、美の用」を目指して、日々制作しています。 

 

自分の道

小児喘息で細くて小さな身体の自分に、医師から体を鍛えるよう言われました。
無理なく体も使い、知識も必要で、常に学んでいかなければならない好きなものを
仕事に選べば一生飽きることなく知的好奇心を持ち続けることができると思いました。
14歳の時に、地質学、科学、数学、美術、美術史、経営学、哲学などを必要とし
学べるものとして、陶芸に出会いました。90歳で退職し、その後は趣味で陶芸ができれば
と思っています。

生活はいつも陶芸とつながり、陶芸はいつも生活につながっています。家族がいて自分がいて
陶芸があります。自分の知識、センス、哲学、ポリシー、技術を使い制作し、薪窯により自然の
力を借り焼き上げ、使い手がそこに料理を盛り付けて初めて作品が完成します。多くの共同作業で
成り立っています。陶芸の奥の深さの虜になってしまいました。

また、陶芸家は窯焚きをするたびに自然環境に悪影響を与えていると言っても
過言ではないでしょう。その中で最小限に抑えられればと思い、今の窯をデザインして
建てました。化石燃料のガスや灯油を使うのでなく、薪のためにわざわざ木を切るのではなく、
端材・廃材を使い短時間で窯を焚けます。この窯の設計図のほしい人にはコピーをあげています。
今までに何人もの人が、世界中いろいろな場所でこの窯を建てています。

現在、自然に囲まれた古民家で妻と子供4人と猫たちと暮らしています。時には家庭優先で
仕事が二の次になってしまい、俗に言う贅沢はできませんが、家族と共に幸せに生活しています。

ユアン クレイグ

 

 


 陶歴        EUAN CRAIG      ユアン クレイグ
                       
1964        オーストラリア、メルボルンに生まれる
1978        陶芸に出会う
1981        オーストラリア、ベンディゴT.A.F.E.カレッジ卒業、アート&デザイン専攻
1984        カメル・キルン コンクールにてカメル・キルン賞を受賞
1985        ラトローブ大学(ベンディゴ)を卒業、陶芸学部専攻 文学士修得
 ”             オーストラリア、スワン ヒル市に窯を設ける
1990        日本に渡る
1991        島岡達三師の門下となる
1994        栃木県益子町に薪窯を築てる
2000        栃木県、市貝町に転居、窯築
2011        群馬県、みなかみ町に転居
2012        みなかみ町に薪窯を築き、現在に至る

日本、オーストラリア、イギリス、アメリカ、オランダ、フランスにおいて、
数々の個展やグループ展、ワークショップやサマースクールの講師、
フォーラムに参加などの活動を行っている。
また、オーストラリアとアメリカ合衆国にて発行の陶芸雑誌にも記事が数回掲載される。
その他にも国内・外において新聞、雑誌、テレビ、ラジオにも取り上げらる。

  

 

ユアン クレイグの新作展によせて

ユアンが私の許で勉強してから十三年たつ。
その頃から熱心に仕事に取組む姿勢に感心していたが、その後独立して
自分の窯を持ってから様々な創意工夫をこらし、今では半磁器の胎に薪焼成で
灰被の作品の制作に集中している。明るい焼き上がりで何よりも食器にしぼり、
人々の生活に役立つ用の美を追求している態度は立派である。

平成十五年 五月吉日     
島岡達三

inserted by FC2 system