Euan Craig

Welcome to my home. I hope you enjoy my works.

Each and every vessel is an original hand crafted work of art; no two are the same. They are born of a collaboration between the hand of the artist and the forces of nature. All of my work is wood fired and, through the caprice of flame, the pattern of scarlet flashing, rush marks and wood ash deposits vary from piece to piece. I trust that you understand and appreciate this serendipity which expresses the voice of nature in the art of man.

Euan Craig

toyoda7ss

ユアン クレイグのホームページへようこそ

 

陶芸を始めて30年余、来日して25年。「用の美・美の用」を流儀とし、日々制作しています。

作品は一つ一つ手作りし、薪窯で焼成して制作しています。薪窯の炎による緋色の入り方や、灰の被り方も多いものから少ないものと、それぞれの作品の風合いが異なります。自然との協力により、作品に自然の声を吹き込み、表現しながら制作しています。また、作品は使っていただいて初めて完成すると思っています。

ユアン クレイグ

自分の道

小児喘息で細くて小さな身体の自分に、医師から体を鍛えるよう言われました。無理なく体も使い、知識も必要で、常に学んでいかなければならない好きなものを仕事に選べば一生飽きることなく知的好奇心を持ち続けることができると思いました。14歳の時に、地質学、科学、数学、美術、美術史、経営学、哲学などを必要とし学べるものとして、陶芸に出会いました。90歳で退職し、その後は趣味で陶芸ができればと思っています。

生活はいつも陶芸とつながり、陶芸はいつも生活につながっています。家族がいて自分がいて陶芸があります。自分の知識、センス、哲学、ポリシー、技術を使い制作し、薪窯により自然の力を借り焼き上げ使い手がそこに料理を盛りけて初めて作品が完成します。多くの共同作業で成り立っています。陶芸の奥の深さの虜になってしまいました。

また、陶芸家は窯焚きをするたびに自然環境に悪影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。その中で最小限に抑えられればと思い、今の窯をデザインして建てました。化石燃料のガスや灯油を使うのでなく、薪のためにわざわざ木を切るのではなく、端材・廃材を使い短時間で窯を焚けます。この窯の設計図のほしい人にはコピーをあげています。今までに何人もの人が、世界中いろいろな場所でこの窯を建てています。

現在、自然に囲まれた古民家で妻と子供たち4人と暮らしています。時には家庭優先で仕事が二の次になってしまうことも あり、俗に言う贅沢はできませんが、家族と共に幸せに生活しています。

Copyright © 2004-2015 Euan Craig

Tel. 0278-25-3982 | Email. euan@euancraig.com | Facebook

inserted by FC2 system